March 31, 2014 at 12:37PM

なぜ、宇宙が複数存在するのか。 なぜ、完全に僕と同じもうひとりの僕が“絶対に”存在すると物理学の最先端研究で言われ始めているのか。 Newton の最新刊をお風呂やトイレでじっくり読み始めています。 結論は、まだ読んでいない人のために言いませんが。かなり納得。「確率」でいうと100%。 さて、この記事の中でぐさっときた一節。 (記憶で書いているので若干曖昧ですが…)さいころをふって1が連続10回出たとしよう。そのまま連続してさいころをふり続けるともう一度1が10回出る確率は100%。時間はかかるけど、絶対にもう一度1は10回連続出る。 確率論で言えば当然なんだけど、ついつい僕たちは、1を10回連続で出すなんて無理。それも2回も出すなんて絶対無理って思っちゃう。 僕は「夢は必ず叶う」とか「夢に向かおう!」なんて #泥酔注意 あたりで書いているけど、そういうことなんだ。 1は10回連続「必ず」でるし、出たあとでも「続けていれば」「必ず」もう1回出るんだ。 『1を連続10回出すための努力(さいころを何年も、何十年もふり続けること)』さえできればね。 夢も同じ。必ず叶う。夢に向かうか向かわないか、それだけ。
コメントを投稿