March 23, 2014 at 10:10PM

Android 用の iTunes リリースという話を受けて思った。 僕は約30年間ほどパソコンで仕事をしている。最初は楽器の一部(シーケンサー)として、その後はデザインや写真・動画のエディットなどで。 30年間のうち、 MS-DOS を2年ほど、 Windows XP を2年ほど、 LINUX ( Ubuntsu )を5年ほど使い、 その他の21年間は Mac を使っている。 順番に並べると MS-DOS → Mac → Windows XP → Linux → Mac 結局のところ、Macがベストだ。 なぜベストなのか。Windowsのほうが良いとか、いやいや LINUX でしょうという話ではなく、なんといってもハードウェアが素晴らしい。自分が触るもの、保有しているものは美しく使いやすく、高性能なものがいい。 ケータイに関しても、 Apple のハードウェアが最高だ。Androidにも良い部分はあるんだけど、iPhoneを超えるハードウェアを僕は見つけられていない。 Apple が iTunes や iTunes Radio を Android 向けにリリースしたとして、それはビジネスとして必要なことなんだろうと思う。音楽の売上げはAppleの中でも小さなものではないからね。 Windows 用の Photoshop が Mac 用のそれと比べて使いにくいのと同じように Andorid 用の iTunes もそうなるだろう。原因はハードウェア。 もし、ジョブスが生きていたらという話はもっともナンセンスなんだけど、きっと、 Android 用の iTunes はリリースしないだろう。その分のエネルギーを より優れた iTunes のアップグレードに向け、みんなが iTunes を使いたいと思わせ、iPhoneにさらに向かわせるという戦略。 Android でも金儲け!とは考えないと思うんだ。 Spotify でもなく、 Pandora でもなく iTunes Radio がベスト!という方向に向かえばいいと思うんだ。 あ、そういえば、僕がある方法(裏技)で日本でも使っている Spotify がいよいよ正式に日本上陸らしい。音楽業界の人はわかってるのかな?それがどういうことか。。。
コメントを投稿