February 08, 2014 at 12:56AM

「10」という量っていうか質っていうか、ま、そういう仕事があったとしよう。それに10時間かかったとして、知恵と汗でそれを8時間でできるように全力を尽くそう。それができたら、あまった2時間で「12」という量あるいは質の仕事を10時間でやろう。それができるようになったら、15とか20とか、そういう量あるいは質の仕事を10時間でできるようになろう。それをとどまることなく、さぼることなく、一生続けよう。そうしたらプロになれるときが必ず来る。そんなもんなんだ。なにかで飯を食うってことは。
コメントを投稿