わからないから、やる。

わからないから、やらない。

できないから、やらない。

やりたくないから、やらない。

わかるから、やる。

できるから、やる。

やりたいから、やる。

もし、何かに対してこのような考え方を持っているとしたらなるべく早く切り替える努力をはじめましょう。

わからないから、やる。

できないから、やる。

やりたくないけど、やる。

こういったことをたくさんやっている人ほど伸びます。

もちろん、やりたいことでも、やりたくないことでも、無意味なことは絶対にやっちゃいけません。

僕の大先輩で経営的にも人間的にも僕などは足下にも及ばない偉大な方に下記のことを教えていただきました。

楽に稼げる1万円のアルバイトと苦労して稼げる1万円のアルバイトがあるとしたら、若いうちは苦労する方を積極的に選びなさい

1万円を稼ぐことだけが目的だとしたら楽な方が良いに決まっています。

でも、僕たちが今日過ごす意味は金儲けだけではありませんよね?

自分自身がアップグレイドしていくこと、これが一番大切です。

昔から「苦労は買ってでもしろ」と言います。

僕も自信を持って、つくづくそう思います。

楽なほう、楽なほうを選んでいって成功した人を僕はひとりも知りません。

思い出してみてください。恥ずかしくて、勇気がなくて、できなかったあのことを。

後悔していませんか?

「あのとき、ああしてればよかった...」という後悔。

もちろん、どんな行動にもどんな過去にも後悔はつきものです。

しかし、やったことによる失敗や反省は貴重な財産になります。

やらなかった結果の後悔は苦しいだけです。

逃げたり、休んだり、遊んだり、さぼったり…、とにかく「楽」を選んだとしたら、あなたは10年後も「ある程度の人間」でしかありません。

そして必ず後悔します。

わからないこと、できないこと、やりたくないことに積極的に向かっていきましょう。

その結果、大失敗してもいいんです!

失敗は財産に、大失敗は大きな財産になります。

成功から得るものより、失敗から得るもののほうが遙かに多いですし、貴重です。

失敗したことがあまりない人、大失敗なんて月に1度程度という人は自分のできる範囲のことにしかやっていないという証になります。

かっこわるいですね。

高いハードルに挑戦するからそのハードルを越えられないんです。失敗するわけです。

何度も何度もこけて、けがをして、でも立ち上がってまた挑戦して...。

そういう人だけがそのハードルを越えられるようになるのです。

それを「アホだ」というアホもいますが、挑戦しない人はそのハードルを越えられません。

全ての成功者の共通点。「成功者は、成功するまで続けた人」。

みんなが羨むようなハードルを越えた人は、それを超える前に100回もそのハードルを倒してしまっています。

100回もそのハードルを倒してしまったからそのハードルを越えられるようになったのです。

今日、楽をした人は「楽」しか得られませんが、苦労した人は、その結果「成功」や「失敗」を得て、最高の「快感」を得られます。

その快感を何度も経験すれば病みつきになりますよ!

もっと傷だらけになって、もっともっと辛い思いをして、素敵な人になっていきましょう。

この世紀において影響力を持つのはどこの国?

かつては大英帝国、今はアメリカ合衆国が地球に大きな影響力を持っています。

21世紀になって7年近く経ちましたが、この世紀において影響力を持つのはどこの国に変わるのでしょう?


今、地球上では8秒間に34人の赤ちゃんが誕生しています。そのうち1人がアメリカで生まれ、4人が中国、5人がインドで生まれています。つまり、アメリカと比較して中国は4倍、インドは5倍の勢いで人口が増えているのです。

2006年に大学を卒業した人数はアメリカでは130万人、中国は330万人、インドでは310万人です。

そして、インドで大学を卒業した人の中で英語が話せる人の割合は100%です。

10年後には、英語を話している人口が最も多い国は、(アメリカでもイギリスでもなく)中国になります。

ご存じの通り、インドは既にIT大国ですし、インターネットに接続している人口がもっとも多いのはアメリカでも日本でもなく中国です。

そうです。ものすごい勢いで、中国とインドが力を付けてきているのです。

世界が中国とインドを中心に回り始めるのは時間の問題でしょう。

再生紙利用のススメ

再生紙以外の紙は使わないようにしましょう。

1トンの再生紙利用によって、ベッドルーム3部屋の1年分の電力を削減することに繋がります。

以前、ここでも書きましたが、再生紙の値段がバージンパルプを使った紙よりも高いことが大きな問題です。なので、普通の紙に税金をかけ、相対的に再生紙のほうが安いという状況を作り出す。その税金は再生紙や非木材紙利用促進に使っていくという対策が必要でしょう。

でも、今は、少し値段が高くても、地球環境を守るための募金だと考え、再生紙を使うようにしましょう。みんなが再生紙や非木材紙以外の紙を買わなくなれば、金儲けだけしか考えていないような製紙会社も自然と変わっていくでしょう。

今日が不買運動のスタートです。

歩き煙草が恥ずかしいように、ゴミのポイ捨てが恥ずかしいように、木を切り倒して作られた紙を買うことも恥ずかしいことなんだという意識を拡げていきませんか?

エコな生活

僕は自動車免許を持っていないので、自動車を運転することはありません。

かといって、バスに乗らない、タクシーに乗らない、あるいは知り合いの車に乗らないということはないので、地球温暖化の問題は責任を感じ、強く反省をしています。

もちろん、地球温暖化の問題は自動車だけの問題ではありません。

また、広い意味では今の危機的状況は温暖化だけの問題ではありません。

しかし、何が悪い、誰が悪いと討論するだけでは問題は解決せず、やはりひとりひとりが半径3mの環境を良くしていく努力が、結局はもっとも大切なことでしょう。センスの問題ですね。

今日、たまたま子供達が見ていた「ヒストリーチャンネル」の番組でガソリンからエタノールへ自動車などのエンジン燃料が変わろうとしていると言っていました。

エタノールは砂糖からできるんだそうです。つまり、サトウキビですね。

全ての自動車の燃料がエタノールに変わると、それに必要なサトウキビの栽培で自動車が出す二酸化炭素がリクープできてしまうそうです。

ニューヨークなどでは、ガソリンに10%のエタノールを混ぜた“E10”(エタノール10%)の使用が義務づけられているそうです。

日本ではまだまだそこまでいっていません。

ガソリンにしてもエタノールにしても、結局は輸入に頼らざるを得ない日本としては、エタノールよりも国内で生産できる(※)水素などに進んでいくのかもしれません。

どちらにしても、上記の“センス”の問題です。

ひとりひとりが意識を高め、ガソリンや電力をなるべく使わない生活スタイルに切り替えていかないと、次の次の世代の人達から、バカにされることになるでしょう。