LIFE

死ぬまでは生きるわけだけど、この“生きる”って意味をいつも漠然と考えてしまう。

考えても意味ないんだけど、考えてしまう。



知り合いのひとりは、東名高速で死んだ。


知り合いのひとりは、長者番付でTOP20に入ってる。


知り合いのひとりは、東京ドームでがんがんギター弾いてた。


知り合いのひとりは、言葉を覚える前に死んだ。


知り合いのひとりは、小説ででっかい賞を取った。


知り合いのひとりは、田舎で平和に暮らしている。


知り合いのひとりは、テレビに出まくってる。


知り合いのひとりは、株式公開した。


知り合いのひとりは、売春婦をしている。


知り合いのひとりは、病院に行くお金がなくて風邪で死んだ。


知り合いのひとりは、ニューヨークでフォトグラファーとして成功した。


知り合いのひとりは、癌で死んだ。




この共通点を見つけ出さなきゃ。

生きるってことは、死ぬための助走?死ぬまでの猶予期間?

死にたくない!って思う根本理由って何?

産まれたくない!って思ったことは忘れちゃったの?
コメントを投稿