もし世界が100人の村だったら

もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう

その村には…

57人のアジア人21人のヨーロッパ人14人の南北アメリカ人8人のアフリカ人がいます。

52人が女性で48人が男性です。

70人が有色人種で30人が白人。

70人がキリスト教以外の人たちで30人がキリスト教。

89人が異性愛者で11人が同性愛者。

6人が全世界の富の59%を所有しその6人ともがアメリカ国籍。

80人は標準以下の居住環境に住み70人は文字が読めません50人は栄養失調に苦しみ1人が瀕死の状態にあり1人は今生まれようとしています。

1人は(そうたった1人)は大学の教育を受けそして1人だけがコンピューターを所有しています。

もしこのように縮小された全体図から 私達の世界を見るなら相手をあるがままに 受け容れること 自分と違う人を理解することそしてそう言う事実を知るための教育がいかに必要かは火を見るより明らかです。

また次のような視点からもじっくり考えて見ましょう。

もしあなたが今朝目が覚めた時 病気でなく健康だなと感じることが出来たなら…あなたは今週生き残る事のできないであろう100万人の人たちより 恵まれています。

もしあなたが戦いの危険や投獄される孤独や獄門の苦悩あるいは飢えの悲痛を 一度も経験したことがないのなら…あなたは世界の5億人の人たちより恵まれています。

もしあなたがしつこく苦しめられることや逮捕拷問または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことが出来るなら…あなたは世界の30億人の人たちより恵まれています。

もし冷蔵庫に食料があり着る服があり 頭の上に屋根があり寝る場所があるなら…あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています。

もし銀行に預金がありお財布にお金があり家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら…あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です。

もしあなたの両親がともに健在で そして二人がまだ一緒なら…それはとても稀れ なことです。

もしこのメッセ-ジを読む事ができるなら あなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう何故ならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいてその上あなた は全く文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれているからです。

昔の人がこう言いました 我が身から出るものはいずれ我が身に戻り来ると。

お金に執着することなく喜んで働きましょうかって一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう誰も見ていないかのごとく自由に踊りましょう誰も聞いてないかのごとくのびやかに歌いましょうあたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう。

このメッセ-ジを人に伝えて下さい そしてその人の一日を照らしてください。

EARTHDAY TOKYO 2006


今年もスポンサードさせていただいた“EARTHDAY TOKYO 2006”。

本当に最高のイベントだ。最高の人々による最高の人々のためのイベント。

勉強ができたかどうかは知らないが、頭の良い人達が10万人以上集まっていた。

当社はそんなに儲かっているわけではないが、会社を経営している意味と理由をより明確化し、明言するために来年もスポンサードする。

質問力

ある尊敬する方から「質問力…質問できる能力はとても大切だ」と教えていただいた。

人の話を聞くことができる能力や話ができる能力もとても大切だが、同じぐらい“質問できる力”が必要だと気付かせていただいた。

すごくかっこいい人が目の前にいても、その人の話を聞くだけ、あるいは自分の話をするだけではなく、きちんと“質問する”ことができないと成長は見込めない。

そういえば、多くの子供達は「どうして?」「なんで?」と質問しまくっている。急速に脳が成長しているからだ。

この力をもっともっと付けたい!

ニクソン


オリバー・ストーン監督の映画で唯一観ていなかった“NIXON”をDVDで観た。

ニクソン元大統領(Richard M. Nixon)のことがよく解った、というより、アメリカという国、アメリカ政府、アメリカ大統領のことが本当によく解った。

なぜアメリカがこんなにもだめな国になってしまったか、その理由がはっきりと描かれている。

絶対に観たほうがよい映画なので内容は書かないが、リンカーの像の前でニクソンと話をした19才の女子学生が「あなたはまるで猛獣を調教しようとする調教師みたいですね。」と言ったシーンが心に残った。

ベトナム戦争も、今も続いているイラク戦争も、すべてはその猛獣の仕業だ。

※写真はケネディーの肖像画に向かって、感動的な言葉をかけるニクソン(アンソニー・ホプキンス)。