[ホワイトバンド]趣旨説明不足で購入者から批判

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1454359/detail?rd

上記、livedoor NEWSの記事です。

とても残念ですが、実際こういう問題が起こってもおかしくない販売方法であったことは否めません。

こういう問題が起こったから止めるというネガティヴな考えにならず、これを真摯に受け止め改善して、そしてもっともっと多くの人に広めていきたいですね。

ちなみに、1ヶ月ほど前から僕が原宿でやっているダイニングバー“ZOOT! Japon”でもホワイトバンドを売り始めたのですが、仕入れ値は240円。単純に言うと60円の利益が出るわけです。我々はこれをユニセフに寄付するつもりですが、ぴあやファミマではこの60円をどう使うのか、、とても気になるところです。

開発途上国の子供向けラップトップ


ネタフルの記事によると、「マサチューセッツ工科大学(MIT)Media Labの共同創設者Nicholas Negroponteが、開発途上国の学校の子ども1人につき1台のノートPCをそろえられるようになることを目指して$100のラップトップパソコンを開発している」そうです。

すばらしい試みですね。 お金を集めて送金しても金利に消えたり、政府が搾取したりします。

でも、unicefに募金したり、ホワイトバンド・プロジェクトに参加したり、あるいはこのように直接モノの値段を下げて学校で買えるようにしてあげる活動は非常に意味のあるものになると思います。 こういう試みは民間だけではなく政府もきっちりバックアップしてあげてほしいですね。