ホワイトバンド

3ヶ月ほど前からずっとホワイトバンドを付けています。

アポストロフィー(「*」←これね)が3つ印字されている意味は、子供達が3秒に1人飢餓などで死んでいることを意味しています。

今夜、ある人が「これを300円で買っても、1円もそういった子供達に渡らないんですよ。」と言ってた。

そんなことは最初から知っている。

例えば、皆さんがデモに参加するとき(原発反対デモやメーデーなどなんでもいいです)プラカードとか持ちますよね。それは東急ハンズとかで材料を買って作るわけです。そこにも当然ながら寄付はありません。

ホワイトバンドの存在はそういったプラカードとほぼ同じ意味があるのです。

これを付けていると、人から「それはなんですか?」と聞かれることが多々あります。その時に子供達が3秒に1人飢餓などで死んでいることを伝えるきっかけになるのです。

また、自分自身も(忘れ物をしないように小指にセロハンテープを巻き付けるように)ホワイトバンドを付けることにより1日数回そういったことを意識できるようになるのです。

理想的には自分自身を含め全ての人達がホワイトバンドなんかなくても常にそういった悲惨な状況を意識し続けられればよいのですが、なかなかそうもいきません。

なのでまだまだホワイトバンドが必要なのです。

きっかけはファッションでもなんでもよいのです。ホワイトバンドを流通させているところがそれで利益を上げてよいのです。ユニセフのスタッフが給料をもらっているのと同じです。給料をもらっているからその活動に全力を(1日の多くの時間を)捧げることができるのです。

解りますよね!?

寄付だけが全てじゃないんです!知ることから始めること“も”大切なのです。

ホワイトバンドを買って、付けましょう。
コメントを投稿