己は他人の印象

自分の声を録音して聴いてみると全然自分の声だと感じないよね。でも自分以外の人は「これは間違いなく君の声だ。」と、言う。

己のリアルな姿や形などは自分では分からない。

「俺はハンサムだ!」と叫んでみても、他の人達が全員ハンサムじゃないと言うなら、ハンサムじゃない。にも関わらず「でも、俺はハンサムなんだよ~!」って言い続けたり、思い続ける奴がいたら一般的には“狂ってる”と思われる(天才かもしれない)。

ある人がハンサムかどうか、優しいかどうか、明るいかどうか…等々、ほとんどのその人のヒトトナリは他人によって決定付けられる。

ここをしっかりと認識しておかないと、真っすぐに進むことができなくなる。

己は他人の印象の集合体。

己のほとんど全ては他人によって形成される。
 
 
コメントを投稿