親になれるのは子供ができた人だけ。

親なんて普通なかなかなれないけど、子供ができれば必ずなれる。子供が自分のことを親にアップグレードしてくれる。

同じように上司になれるのも社長になれるのも部下がいるおかげ。部下や後輩が自分をアップグレードしてくれる。子供の幸せを考える人が親だとしたら、部下や後輩の幸せを考える人がリーダーであり先輩である。「甘いのに冷たい」リーダーが多い中、子供に対するように「暖かくて厳しい」リーダーを目指したい。

出生率が下がってきてるけど、つまり親にアップグレードする人が少なくなってきてるってこと。僕らは昔「ピーターパン・シンドローム」なんて言われ、「大人になりたくない世代」ってカテゴリー分け(ジャンル分け)されたけど、それからずっとそういうムードが続いているような気がする。フリーターが多いのもそれが原因のひとつかも。

「自分が幸せならそれでオッケー」って考え方は子供の考え方であり、安っぽい。

就職する必要はないけど(僕も就職の経験はないし)、子供を幸せにすること、ひとりでも多くの人を幸せにすることってとても大切なことだと思う。
 
 
 
コメントを投稿